コロナウイルス」カテゴリーアーカイブ

諏訪圏域の感染警戒レベルを5に引き上げ「特別警報Ⅱ」を発出します

諏訪圏域においては、4月14日に感染警戒レベルを4に引き上げ、「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出し、県としての感染症対策を強化しているところです。しかし、諏訪圏域における直近1週間(4月9日~15日)の人口10万人当たり新規陽性者数は29.66人(陽性者57人)と、その前週の4.16人(陽性者数8人)から急増しており、感染の拡大に歯止めがかかっていません。また、感染経路不明の事例が複数確認されているほか、感染しやすく、重症化しやすい可能性が指摘されている変異株の陽性者が10圏域で最多の12例(4月15日現在)確認され、濃厚接触者も多数に及ぶなどリスクの高い事例もみられます。

全県に目を向けると、直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は14.52人(陽性者数296人)となっており、受入可能病床数に対する入院者の実質的な割合は33.2%(144/434床)となっています。

県としては、4月8日に全県に「医療警報」を発出して県民の皆様に感染防止へのご協力をお願いするとともに、医療機関に対する受入病床拡充の依頼や、新たな宿泊療養施設の開設等により、全県における陽性者の受入体制の拡充に努めてきましたが、諏訪圏域における感染がさらに拡大すれば、全県の医療提供体制にも大きな影響を及ぼしかねません。

このため、感染の拡大が顕著な諏訪圏域について、4月29日までの間、感染警戒レベルを5に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」を発出します。

諏訪圏域における県の対策強化について

(住民及び来訪者への協力要請)

・高齢者や基礎疾患のある方に不要不急の外出の自粛について協力を要請します
・人との接触機会を極力減らすよう協力を要請します
・大人数・長時間の会食については、自宅等で行われるものも含めて自粛するよう協力を要請します
・感染拡大予防ガイドラインを遵守していない酒類の提供を行う飲食店の利用を控えるよう協力を要請します
・感染拡大地域等への訪問の自粛について協力を要請します
・風邪症状等がある場合は外出を控え、かかりつけ医等に速やかに相談するよう協力を要請します

(事業者等への協力要請)

・事業所に対して感染防止策の徹底と在宅勤務・テレワークの推進について協力を要請します
・医療機関や福祉施設、学校や保育所等に対して感染防止策の徹底について協力を要請します
・大人数が集まるイベント等の実施に係る慎重な検討について協力を要請します

(事業者への支援)

・市町村と連携し感染拡大の影響を受ける事業者を支援します

(積極的な検査の実施)

・高齢者施設・飲食店の従業員等に対し積極的な検査を行います
・変異株スクリーニング検査等を徹底して実施します

(公共施設の感染対策徹底、休止等の検討)

・県の公共施設について、感染対策の徹底や休止等の措置を検討するとともに、諏訪圏域の市町村に対しても検討を要請します

 

長野市の一部地域における酒類の提供を行う飲食店等に対する営業時間の短縮等の要請を終了します

4月9日まで(その後4月15日まで延長)を期限として、長野市の一部地域における酒類の提供を行う飲食店等に対して営業時間短縮等の要請(以下「時短等要請」という。)を行っておりました。

長野市における直近1週間(4月7日~13日)の人口10万人当たり新規陽性者数は24.18人(陽性者数89人)と、時短等要請時の32.06人(陽性者数118人)を下回っているほか、飲食の機会を起因とする感染の状況は落ち着きつつあることから、一部地域においてご協力いただいてきた時短等要請は、4月15日をもって終了します。

この間、県の要請にご協力いただいた一部地域(長野市大字長野、大字南長野、大字三輪、三輪6丁目・7丁目、柳町、大字鶴賀、東鶴賀町、早苗町、南千歳1丁目・2丁目、大字栗田、大字中御所、中御所1丁目・2丁目・3丁目、中御所町4丁目)の事業者の皆様に心から感謝申し上げます。

なお、長野市を含む長野圏域における特別警報Ⅱは継続中です。また、全県の新規陽性者数は増加が続いており、医療提供体制に大きな負荷がかかっていることから、今がまさに、入院患者の増加を食い止めるための極めて重要な局面であるとの認識のもと、4月8日には全県に「医療警報」を発出しています。

再度の感染拡大を生じさせないため、県ではさらに対策を強化しますので、長野市にお住まいの皆様、事業者の皆様等におかれましては、「長野市における県の対策強化と感染拡大防止のお願い」にご協力いただき、ご自身と大切な方の健康を守り、長野県の医療を守るための行動をお願いします。

諏訪圏域及び北信圏域に「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出します

趣旨
諏訪圏域及び北信圏域においては、4月8日の全圏域レベル3引上げに伴う「新型コロナウイルス警報」の発出により対策を強化しているところですが、その後も陽性者の確認が相次いでおり、直近1週間(4月7日~13日)の新規陽性者数は、諏訪圏域においては32人、人口10万人当たりでは16.65人、北信圏域においては18人、人口10万人当たりでは21.89人となっています。

これは、県独自の感染警戒レベルにおいて、圏域をレベル4に引き上げる目安となる基準に該当し、また、諏訪圏域においては、飲食の機会を起因とする複数の発生事例、北信圏域においては、複数の感染経路不明な事例などのリスクの高い事例が発生しており、「感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要な状態」であると認められます。

したがって、諏訪圏域及び北信圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ、「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出します。

県民及び事業者の皆様へのお願い
諏訪圏域及び北信圏域にお住まいの皆様、訪問される皆様、事業者の皆様は、密な室内での大人数、長時間の会食とならないよう留意することや感染拡大地域への訪問をできるだけ控えることなど、「『医療警報』発出に当たってのお願い」に沿った対応を徹底してください。

 

上伊那圏域に「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出します

 長野県では、上伊那圏域において陽性者の確認が相次いでおり、感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要な状態であると認められることから、同圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ、「新
型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出します。

 事業者の皆様に対する要請も出ておりますので、以下リンクからご確認ください。

 よろしくお願い致します。

 【長野県プレスリリース】上伊那圏域に「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出します

全県に「医療警報」が発出されました

3月中旬以降、急速に感染が拡大しており、直近1週間(4月1日~7日)の新規陽性者数は241人まで増加しています。また、従来株よりも感染しやすい可能性や療養期間の長期化等が指摘されている変異株が県内においても確認されています。

県としては、病床のひっ迫を避けるため、可能な方については宿泊療養や自宅療養をお願いしているところですが、4月7日現在、全県の受入可能病床数に対する入院者の実質的な割合は26.5%となるなど、医療提供体制に大きな負荷がかかっています。上田圏域、長野圏域など新規陽性者の多い圏域の患者の受け入れは全県で対応しており、身近な医療機関に入院できない方もいらっしゃいます。

さらに、全国的な感染の拡大傾向を踏まえると、本県においても、さらなる感染の拡大が懸念されることから、全県に「医療警報」を発出するとともに、全圏域の感染警戒レベルを3に引き上げ(既にレベル3以上である圏域を除く)「新型コロナウイルス警報」を発出します。

今がまさに、入院患者の増加を食い止められるかどうかの極めて重要な局面であるとの認識のもと、大切な命と暮らしを守るため、『「医療警報」発出に当たってのお願い』に沿った行動を切にお願いします。

長野市の一部地域における営業時間の短縮等の要請期間を延長すること及び長野圏域に「特別警報Ⅱ」を発出

長野市については、3月29日に感染警戒レベルが5となり「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」を発出し、3月31日にはさらなる対策の強化として、一部地域における酒類の提供を行う飲食店等に対して営業時間の短縮等の要請が行われました。

長野市の直近の感染状況を見ると、1週間の新規陽性者数は94人と、依然として高い水準となっているほか、飲食の機会を起因とする陽性者が継続して確認されています。

また、長野市を除く長野圏域においても、感染経路が不明の事例が多く、また、医療機関における陽性者の確認などのリスクの高い事例もみられます。

長野県では、全県への「医療警報」の発出により、県民の皆様のご協力をいただきながら、感染症対策の強化を図っているところですが、長野圏域におけるこれ以上の感染拡大は、全県の医療提供体制に深刻な影響を及ぼしかねません。

このため、4月9日までを期限としている長野市の一部地域における営業時間の短縮等の要請の期間が4月15日まで延長されるとともに、本日から4月21日までの間、長野圏域の感染警戒レベルを5として「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」が発出となりました。

詳細はこちらから(長野県ホームページ)

佐久圏域で「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」が発出されました

 佐久圏域においては、4月1日に感染警戒レベルが3に引き上げられ、「新型コロナウイルス警報」が発出されてうたところですが、その後も陽性者の確認が相次いでおり、直近1週間(3月30日~4月5日)の新規陽性者は31人、人口10万人当たりでは15.12人となっています。

 これは、県独自の感染警戒レベルにおいて、圏域をレベル4に引き上げる目安となる基準に該当し、また、集団的な感染などのリスクの高い事例も発生しており、「感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要な状態」であると認められます。

 そこで県は、佐久圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ、「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」を発出しました。県民及び事業者の皆様にもご協力をお願い致します。

 詳細はこちらから(長野県公式ホームページ)

長野市の感染警戒レベルが5に引き上げられました

 長野県がレベル4として特別警報Ⅰを発出している長野圏域において、とりわけ感染の拡大が顕著な長野市について、当面4月9日までの間、感染警戒レベルを5に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」が発出されました。

 事業者の皆様は、下記の業種別ガイドラインをご確認いただき、感染防止対策をお願い致します。

 【長野県】業種別ガイドラインはこちらから

事業所における感染防止対策について

 長野県では先日開催された新型コロナウイルス感染症長野県対策本部会議において、3月23日以降の長野県新型コロナウイルス感染症対応方針等を定め、法第24条第9項により、業種別ガイドラインの周知を通じた感染防止策の徹底等について引き続き要請することとなりました。

 そこで、事業所でも一層の感染防止対策が求められていますので、以下のファイルからご確認ください。よろしくお願いいたします。

感染拡大防止のためのお願い

 長野県内では新型コロナウイルスの感染が拡大しています。とりわけ感染者数が多い佐久圏域・松本圏域では、感染警戒レベルがレベル4に引き上げられ、「新型コロナウイルス特別警報」が発出されました。さらに、その中でも感染拡大が顕著な小諸市では、感染警戒レベル5に引き上げられ、「特別警報Ⅱ」が発出されました。

 会員の皆様につきましては、下記の資料をご覧の上、感染拡大防止に努めていただきますよう、お願いいたします。

     小諸市(PDF)                                 佐久圏域(PDF)          松本圏域(PDF)