Information

<営業時間・休館日についてのお知らせ>
営業時間につきまして、当面の間、午前9時~午後4時(最終入館午後3時30分)
休館日は、毎週水曜日・日曜日とさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、変更となる場合がございます。

<新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策について>
新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、ご来館いただくお客様に
以下のご協力をお願いいたします。

・マスクの着用
・検温(37度以上の場合、ご入館をご遠慮下さい。)
・手指の消毒
・利用者カードへの記入
・他のお客様との距離を2m以上保つ
・展示品には、手を触れない


また、当面カフェの営業は自粛させていただき
スタッフもマスク着用で対応させていただきます。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願いいたします。

 
文庫蔵 企画展<大北地域の登録有形文化財展>
長野県大北地域にある登録文化財について、紹介しています。
塩の道ちょうじやも平成29年10月に大町で初めて登録となりました。
貴重な建物もあわせてご覧ください。

大北地域の登録有形文化財展

期 間  4月8日(木)~

<ちょうじや文化講座 DVD貸し出しについて>
地域を学ぶ「塩の道ちょうじや文化講座」。
平成30年度・令和元年度に行われた講座をDVD化し、ご希望者の皆様に無料でお貸出しております。
ご希望の方は塩の道ちょうじや(TEL 0261-22-4018)までご連絡下さい。

※講座のリストはこちら
平成30年度
令和元年度
令和2年度
(DVD化につきましては、長野県地域発元気づくり支援金を活用しています)

<国登録有形文化財に指定されました>
塩の道ちょうじや(平林家住宅 主屋、文庫蔵・塩蔵・漬物蔵)が、
平成29年10月27日付で、文部科学省の国登録有形文化財に正式に登録されました。

主屋は明治23年、塩問屋時代の設計を基に再建され、式台玄関や座敷棟を備えた
上層階級町家の典型で、防火壁「うだつ」など大町で初めて防火対策を施した土蔵造町家。
間口7間の土蔵造り2階建て。
旧開智学校(松本市)の建設に携わった大工棟梁の立石清重が建設に携わった事が
証明されています。

土蔵は、江戸時代後期に建築、安政6(1858)年に改修、明治2(1869)年に増築されました。
文庫蔵は中心に9寸角の棟持柱を立て、内壁を縦板張りとした堅牢な蔵。
増築された塩蔵・漬物蔵が一体となった土蔵になっています。
国登録文化財建造物は、大町市では初めてとなります。

町家歩き

信濃大町で町家歩きを楽しんでみませんか

館内の催し

 文庫蔵 企画展 <大北地域の登録有形文化財展>

 長野県大北地域にある登録文化財について、紹介して
 います。
 塩の道ちょうじやも平成29年10月に登録となりました。
 貴重な建物もあわせてご覧ください。

      大北地域の登録有形文化財展

 期 間  4月8日(木)~

MENU