Information

塩の道ちょうじや 文化講座 <平林家住宅を設計した大工棟梁「立石清重」と大町>
昨年、大町で初めて国登録有形文化財に登録された旧平林家(塩の道ちょうじや)。
調査の結果、松本旧開智学校を建設した大工棟梁「立石清重」が建設に関わっていることが
わかりました。
立石と大町との関係、立石が設計した建造物等について、信州大学学術研究院工学系・准教授
梅干野(ほやの)成央氏に解説して頂きます。

講座のチラシはこちら→ チラシ
日 時  8月25日(土) 午後2時〜4時
講 師  梅干野 成央氏(信州大学学術研究院工学系・准教授)
受講料  500円(入館料・資料代込)
※会員価格 300円(塩の道ちょうじや賛助会員・支援会員の方の価格です)
定 員  25名
申込締切 8月24日(金)
※準備の都合上、事前の申し込みをよろしくお願いいたします。

<8月休館日及び営業日変更のお知らせ>
8月の休館日が下記のとおりとなりますので、お知らせいたします。
なお、15日(水)は営業いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

・8月休館日 22日、29日(水)
 ※15日(水)は営業いたします。

<子供流鏑馬(こどもやぶさめ)装飾絵馬 好評頒布中>
大町の板絵作家 齋藤清先生が、大町の夏祭り「子供流鏑馬(こどもやぶさめ)」の様子を
描いたものです。
若一王子神社では、奉納された特大絵馬を見ることが出来ます。
頒布は若一王子神社と塩の道ちょうじやのみです。
お祭りの記念にいかがでしょうか?
子供流鏑馬装飾絵馬
頒布価格 2500円

文庫蔵 企画展 <王子のお祭り 昔々の写真展>
大町市の夏の風物詩「若一王子神社例大祭」。
地元で「王子のお祭り」と呼ばれる伝統的なお祭りの様子を、
明治・大正・昭和の懐かしい写真でお楽しみください。

期 間  7月3日(火)〜8月21日(火)

<国登録有形文化財に指定されました>
塩の道ちょうじや(平林家住宅 主屋、文庫蔵・塩蔵・漬物蔵)が、
平成29年10月27日付で、文部科学省の国登録有形文化財に正式に登録されました。

主屋は明治23年、塩問屋時代の設計を基に再建され、式台玄関や座敷棟を備えた
上層階級町家の典型で、防火壁「うだつ」など大町で初めて防火対策を施した土蔵造町家。
間口7間の土蔵造り2階建て。
旧開智学校(松本市)の建設に携わった大工棟梁の立石清重が建設に携わった事が
証明されています。

土蔵は、江戸時代後期に建築、安政6(1858)年に改修、明治2(1869)年に増築されました。
文庫蔵は中心に9寸角の棟持柱を立て、内壁を縦板張りとした堅牢な蔵。
増築された塩蔵・漬物蔵が一体となった土蔵になっています。
国登録文化財建造物は、大町市では初めてとなります。

<カフェメニュー「野菜を添えたぶっかけ蕎麦」好評です!>
大町の倉科製粉所の乾そばに、地元産の野菜を添えたお蕎麦です。
ぶっかけのつゆは、温・冷からお選びいただけます。
1日限定10食、650円(税込)でご提供いたします。
ぜひランチにいかがでしょうか?
野菜を添えたあったか蕎麦
※季節によって野菜は変わります。
 ご提供時間 11:00〜15:00 となります。 

<「えごのみそ漬け」販売いたします!>
平成29年3月10日開催の「大町市特産品開発コンテスト」既存商品改良部門にて、
最優秀作品賞をいただいた「えごのみそ漬け」を販売をいたします。
受取希望日の2日前までに要予約、1ヶ(70g)430円、2ヶ 850円 となります。
詳しくは、0261-22-4018 へお問い合わせください。
※お持ち帰りの際にえごから水分が出ることがありますので、
 出来ましたらタッパーなどの容器をお持ちください。
えごのみそ漬け

<和服体験&日本文化体験>
ちょうじや内で和服体験、日本文化体験が出来ます。
詳しくは、「SHINANO OMACHI GOURMET STREET」をクリック!

.子供向けQ&A

町家歩き

信濃大町で町家歩きを楽しんでみませんか

館内の催し

文庫蔵 企画展 <王子のお祭り 昔々の写真展>
大町市の夏の風物詩「若一王子神社例大祭」。 地元で「王子のお祭り」と呼ばれる伝統的なお祭りの様子を、明治・大正・昭和の懐かしい写真でお楽しみください。

期 間  7月3日(火)〜8月21日(火)

MENU