フォローアップ事業開始に伴う現況確認等協力のお願い(ご依頼)

平成24年度補正予算から平成26年度補正予算によるものづくり補助金事業を実施した補助事業者は、補助金交付規程第20条及び21条の規定による補助事業終了後5年間の事業化状況・知的財産権等報告書の提出が求められています。そこで、報告内容に基づいて事業化の進捗状況等を適切に把握するとともに、ものづくり補助金事業により導入した機械装置や試作開発した商品の販路開拓等の支援を行う目的で、平成29年4月からフォローアップ事業が開始されました。
フォローアップ事業は、補助事業者から提出された事業化状況・知的財産権等報告書及び関係書類に基づき、現地聴き取り調査(導入した機械装置の現況確認含む。)等の方法により実施する予定です。このため、予め指定した日時(後日連絡致します。)にサポーターが貴事業所を訪問させていただきます。現況確認のため現場のご案内及び補助金管理ファイルや事業化状況・知的財産権等報告書の提示など対応方よろしくお願いします。
                                                                 平成29年4月25日

リンク

長野県よろず支援拠点  ミラサポ

中小企業庁  全国中小企業団体中央会

事業化状況報告システム





【問い合わせ先】

長野県中小企業団体中央会
ものづくり事業推進部
長 野  026-228-1208
諏 訪  0266-54-2240