事業協同組合アルプス食品

共同生産によりコスト削減

※本事例は、長野県中小企業団体中央会の取材によるものです。
取材時期は1998年7月〜9月です。閲覧時には掲載情報が古い場合がありますのでご注意下さい。

1.組合の概要

工場全景 設 立 昭和50年12月
住 所 東筑摩郡明科町東川手14240−1
理事長 田中光治
組合員 11名
出資金 1,585千円
事 業 1.こんにゃく類、えごの共同生産
2.福利厚生事業
TEL (0263)62−4626
FAX (0263)62−4626

2.組合の沿革

3.組合の特徴

4.組織体制

理事7人
監事2人
生産及び内務事務は、組合員で担当している。
理事会は毎月1回開催

5.組合の課題

6.今後の組合の対応

7.まとめ

こんにゃく業界は市場が成熟しており、売上げを伸ばすには結局市場のパイの奪い合いになる。そのため競争は一段と激しくなってくる。しかも、原料価格はこんにゃく玉(芋)の収穫量により大きく左右される。このような状況の中で、生き残るために、合理化と販路の拡大に向けて一層の努力が必要である。本組合では中信地区のスーパー、個人商店等に安定した販路があるが、大型店の進出により、予断を許さない状況にあり、組合員の一層の協調と営業努力が求められる。

目次に戻る