4.組合の組織体制

理事が8名、監事が2名である。事務局は、上田駅近くの笠原工業鰹纉c工場内にあり、事務局長が兼務で事務局を担当している。
事務局
事務局

◎開発プロジェクトチーム

今までに、F1〜F4の4チームが結成され、活動してきた。
各チームの活動状況は次のとおりである。

F1

公共施設等の入口に置く、商品化された傘の乾燥機械「カンブレラ」の開発チームである。機械の改良を目指して現在も活動中である。

F2

開発のテーマは具体的に決まっていないが、新製品の開発を目指して勉強会等を行っている。

F3

老人介護用品の開発チームであったが、実際に開発に成功したものの、量産が難しく、開発したアイディアを売却して解散した。

F4

組合で一番早く商品化した「年間スケジュールタイマー」の開発チームであり、市場の要望にこたえるべく、200V対応等バージョンアップの開発をしている。

今後も新製品の開発を目指して随時プロジェクトチームをつくっていく予定である。

◎委員会

組合では、これらのチームの成果を生かすため、販売、製造、開発の3委員会があり、必要に応じて開催されている。各委員会の人数は販売が17人で、製造が8人、開発が9人である。
プロジェクトチームで決まった製品は、開発委員会で承認され、製造委員会により、どのように量産化されるか検討され、販売委員会により、どう実際の販売ルートに乗せるかが決められる。

◎親睦


ソフトボール大会

戻る