経済産業大臣指定伝統工芸品 信州打刃物

信州打刃物について

信州打刃物の歴史

  今をさかのぼること450年程前の川中島合戦の当時、武具や刀剣類の修理のために 当地へ移住してきた鍛冶職人に里人が鍛治の業を習い、農具、山林用具作りに生かされました。 その後次第に改良を加えながら、弟子から弟子へ、子から孫へとその技法が伝承されていきました。

発達を支えた、風土と地理的条件

 この地域の中央を南北に北国開道が通っていて、海陸交通筋にあたっていました。そのおかげで出雲、伯耆から船便で運ばれた鎌の原料である鉄、ハガネ等が直江津の港から比較的安い運賃で入手できたようです。
又、信州打刃物の特色である薄刃を鍛え上げるために最適な、普通の木炭よりやわらかい松炭(かじ炭)製造に欠かせない松林が当地には無尽蔵に存在していました。
鎌の販売面でも、街道筋であるということが有利に働き、全国に販路が拡大していきました。

信州打刃物の特徴

  その切れ味の良さ、使いやすさ、耐久性に他産地には見られない独特の特徴をもっています。
特に信州鎌は、鎌全体の厚さ1/6という極めて薄い鋼(ハガネ)部分が第一の特徴といえます。

「芝付け」「つり」加工

草が根元から刈れ、しかも刈り取った草が手元へ寄せられてくるという効果をねらった「芝付け」 加工、刃を薄くしても手元が狂わないよう刃面を内側に湾曲させる「つり」加工など独特の工夫がなされています。

全国各地の土壌に合わせて

北海道から九州まで各地の需要に応え、その土地の土壌に適合した農耕刃物づくりへの技術を研鑽し、高性能の製品作りに努めています

鎌を使ってみる

信州打刃物の伝統工芸師 石田俊雄さんに信州鎌の特徴の説明と、草刈の実演をしていただきました。

信州鎌の「芝付け」「つり」の素晴らしさを映像でどうぞ

信州鎌の特徴と上手な草刈法

ワンポイント情報

お気づきでしたか?
上の動画で石田さんが使われていた鎌が黒かったのを・・・

これは石田さんが、ご自分で使う鎌に施した塗装のせいなのです。

鎌 鎌は、使った後のお手入れが大事。 研いで、乾かして、油をひいて、・・・
サビさせないようにするには、なかなか手間が掛かります。 お忙しい石田さんは、楽をするためご自分の鎌にラッカースプレーをかけたのだそうです。
使った後に軽く洗ってふいておけば、サビることはないとのこと、これは使えます。
本物の、切れる信州鎌を長く使うのがお得です。

  • おすすめ商品オンライン

お問い合わせの回答等は、下記で代行させていただきます。

滝屋テーシークラブ

uchihamono@alps.or.jp
tel:026-255-2401

信州打刃物工業協同組合事務局

〒389-1312
長野県上水内郡信濃町富濃富濃584-1