• 未分類 26.09.2012

    長野市産業政策課雇用促進室主催の大学生・短大生を対象とした、市内の企業を回るバスツアーが開催されました。これから就職活動に入っていく学生さんに勤労観・職業観を養っていただくために長野市内の様々なものづくり企業を1日で3社訪問するツアーです。9月5日は12名の学生さんがキャリアコンサルタントとともにNiKKi Fron 株式会社(長野産業機材協同組合 所属)を訪問し、会社概要等の説明を受け、社員さんとのディスカッション、工場見学を行いました。

    白さが際立つ近未来的な印象の社屋で、代表取締役副社長 春 日 孝 之 様より会社概要についてお聞きしました。

    1896年に麻問屋として創業され、1944年に石油管の麻絹パッキングの軍事指定工場として㈱日本機材という社名がスタートし、その後、繊維強化樹脂によるクラッチフェーシングや機能樹脂による半導体の製造、また精密機械組立の分野においてのプラスチック射出成形機の組立製造拠点として高い価値を築いてきました。そして2011年に自立性を高めるために、自社製品を対象とした商標である『NiKKi Fron』に社名を変更しました。

    また蛍石という希少な鉱石から誕生した『レア・プラスチック』は熱・薬品・光にもっとも強く「永遠の白さ・重み・温かさ・質感・肌触り」という新たな価値が創造されました。ロボットや医療分野、Art等各機関との連携が進められ、今後の展開が期待されます。

    また5年前より、急速なグローバル化により世界に営業活動エリアが広がり、タイにも生産拠点が誕生しました。

    学生さんからは「必要とする人材」についての質問があり、積極的な姿勢がうかがわれました。「目標を持ていて、結果を出す執念・強い意志がある方が必要です」と春日副社長様がお話されました。

    ディスカッションでは年代も職歴も様々な社員さん達の入社動機や会社への思い、「仕事を長く続けるコツ」等についてお話いただきました。「伝統と新規事業のある部分に魅力を感じている」「大企業が経済をささえているのではなく、地方の企業が経済を支えている」「人との出会いを大切にしてほしい」等々、これから就職活動を始める学生さんにとってとても参考になるお話でした。

    機能樹脂事業部 長野工場の見学をさせていただきました。熱・光・薬品に強く、摺動特性がある優れた素材から、半導体・自動車・化学分野の製品が一貫生産されています。機械を操作される社員さんはお仕事中にもかかわらず私達に丁寧な挨拶をしてくださいました。

    製品の説明をしていただいた際、その質感を手で触って感じ取らせていただきました。

    CFRP 長野工場では、カーボン繊維により強く・軽く・美しく価値を高めた製品が一貫生産されています。スマートフォンカバー・産業部品、ロボット・医療関連、宇宙航空産業への展開が進められています。

    最後に専務取締役 木 鋪  章 様より「仕事には楽しい仕事・辛い仕事はなく、どう感じるかはその人しだいです。目標や何事にも関心をもって(こうすればこうなると考えを深めて)仕事をしてもらいたい。」と人生の参考になるお話をいただきました。ありがとうございました。

    Posted by miyazaki @ 08:52

  • Leave a Comment

    Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

 

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Search

カテゴリー