いーずら便り 特産館について 組合概要 大町観光ガイド かわら版
トップページ ネットショップ 組合員紹介 リンク集 問い合わせ

信州松崎和紙工業

大町市南部を流れる高瀬川の良質な水と、豊富な原料のもとに、長い伝統を誇る紙漉き技術で、強く、やわらかく、永く保存できる本物の和紙を作っています。
今ではわずかな人によって守り育てられている伝統的な紙漉き技術です。
信州松崎和紙工業有限会社
代表取締役 腰原 泰雄
〒398-0002
長野県大町市大字杜6561(松崎)
TEL0261-22-0579 FAX0261-22-0579

おすすめの逸品

手漉き和紙製品

 信州松崎和紙は、長久三年(1042年)に野生の楮・楡の皮を使用して仁科神明宮の祭祀用に製造したのがはじまりといわれています。この技術が一般農家に伝わり、冬季間の副業として発展しました。
 地元の楮を用いて作る松崎和紙は丈夫なことで知られ、繭袋、傘紙、障子紙等様々な用途に用いられてきましたが、洋紙の普及や生活様式の変化に伴い、職人数が激減。現在では当社のみがこの技術を守っています。
 当社では松崎和紙の持つ千年に及ぶ伝統の技術をもとに、木の葉入りの特殊技術を開発しました。
 自然のもつ色や形、手ざわりの面白さ・楽しさを活かした風情漂う品で、全国的にも好評を博しています。
 手作りならではの強さとやわらかさ、自然のもつ温か味をお楽しみ下さい。
独自の特殊処理を施した木の葉を漉き込んだ和紙製品。


(c)2006 いーずら大町特産館 長野県大町市大町3300-1 TEL.0261-23-7511