5.東部町事業所(リサイクルセンター)の概要

敷地面積 25、877u
建物面積(床延)3、189u
プラント施設一式
総事業費 7億5、000万円
処理能力
1日90台、年間2万台
平成9年度処理台数 11、700台

配置図(41KB)

○中間処理の流れ

廃棄自動車のタイヤやエンジン等の部品を外し、フロンやガソリンを抜き、最後に車体をプレスする。
作業はすべて屋内で行い、環境を汚染する廃液などを、ほぼ完全に回収できるようにした。
ガソリン等は、工場の自家発電機の燃料として活用している。
又、オイルや不凍液、作業時に出る汚水などは事業所内で処理し、この時のボイラー熱を利用して工場内や事務所の暖房にも生かしている。

戻る