協同組合長野県中古自動車リサイクルセンター

リサイクルシステムを確立し野積み解消へ

※本事例は、長野県中小企業団体中央会の取材によるものです。
取材時期は1998年7月〜9月です。閲覧時には掲載情報が古い場合がありますのでご注意下さい。

1.組合の概要

リサイクルセンター
リサイクルセンターの全景
設 立 平成7年2月
住 所 事務所 長野市高田五分一沖679−10
事業所 小県郡東部町大字加沢字上川原218−1
理事長 宇都宮元
組合員 56名
出資金 1億1,520万円
事 業 1.廃棄自動車の廃棄物中間処理施設の設置及び運営
2.廃棄自動車からの再利用部品・鉄クズ・燃料油脂等の
共同販売
3.教育情報事業
4.福利厚生事業
職 員 東部町事業所28人(男子25名、女子3名)
事務所 TEL(026)226−5416
FAX(026)226−5194
東部町
事業所
TEL(0268)63−0155
FAX(0268)61−0088

2.設立の目的・沿革

3.組織

4.組合の特徴

5.東部町事業所(リサイクルセンター)の概要

6.廃自動車処理工程

処理工程1
処理工程2
準備工程、解体作業、一時保管をクリックすると写真を見ることができます

7.部品取りシステム

8.廃棄物の処理方法

9.業界の課題・対応

10.まとめ

全県一円で、自動車販売店業界全体がまとまって組織化したことは、全国で初めてのケースである。
廃棄自動車の扱いについては、業界でも多年に亘り大きな課題であったが、このリサイクル工場の建設により、業界自からの責任において処理することにより、企業の社会的責任を果たすこととなり、業界の先駆的な事業として高い評価を得ている。

目次に戻る