8.リニューアルの概要

平成3年ごろ、隣りの駒ヶ根市に大型店が進出したことにより、本組合も新しい対応をせまられた。そのため、国の補助事業の「平成3年度小売商業活性化基金助成事業」による「店舗リニューアル計画策定事業」を活用し、リニューアルの原案をつくった。

それには、特に食品関係の商品を充実させることと、不足している業種を補う必要があった。リニューアルの第一段階として書籍販売とビデオレンタルを行う兜ス安堂のフランチャイズ店と、ゲームコーナーを平成3年にオープンした。さらに、赤穂信金のCDコーナーをつくり、より消費者の利便を考えた店舗になった。第二段階として平成5年に増築工事を行い、売場面積を2、349uから3、097uに増やした。

売上高の推移は、(図2)のとおりであるが、リニューアル後の平成6年度がピークで、その後は減少傾向にあるが、不況にもかかわらずほぼ一定の水準が保たれており、リニューアルの成果はあったと本組合では考えている。

売上高の推移

戻る