信州の組織リーダー

中小企業の発展は"情報活用と人材育成"

牛山今朝治氏
長野県プリント回路工業(協)
理事長 牛 山 今朝治 氏

略歴

    昭和13年4月生
    血液型 AB型
    長野県立諏訪実業高校 昭和32年3月卒
    潟Cースタン代表取締役社長
    茅野商工会議所 副会頭
    長野県工業会 副会長
    諏訪テクノレイクサイド推進協議会 副会長
    長野県中小企業団体中央会 理事、諏訪支部 支部長

組合の現況

    〇組合設立 昭和57年2月 〇組合員数 10人 〇出資金 600万円
    〇理事 8人、監事 2人 〇理事会の開催 年3〜4回

組合の事業活動

  1. 資材等の共同購入事業
  2. 金融事業
  3. 教育情報事業
  4. 新技術開発、研修事業
  5. 福利厚生事業
    事業活動の中心は、ソフト事業で、組合員企業の経営者、従業員を対象とした教育情報、研修事業を実施し、新技術開発事業にも取り組んでいる。
    福利厚生事業としては、組合員メンバーを中心として、NPC会野球リーグを開催し、軟式野球リーグ戦を実施している。
    総会時には組合員全員が参加し、1泊2日で、企業視察を兼ね、親睦を深めるための研修旅行も行っている。

業界の課題・対応

    半導体業界を支えている、プリント配線板製造業は、景気の波と企業間格差が非常に激しい。最先端産業に係わる者として、国内外、特にアメリカの動向を注視している。
    技術革新のスピードアップが他産業よりも進んでおり、品質管理にも細心の注意を払い、合理化・省力化にも努めている。
    企業の「ものづくり」の決め手は人材育成であり、組合の活動も情報交換、教育研修事業を中心として実施している。

理事長として考えること

    これからの組合事業は、同業種のみの集団から、異業種を加えた組織にする必要がある。
    物の見方、考え方が異なる人との交流は、今後の組織運営に大変役立つものと考える。
    常に、色々な分野の人と接することが大切であり、企業や組合活動の原点である。

健康法・趣味等

    健康法は、ウォーキングで、体重の適正維持の為、一日一万歩を心掛けて実践している。趣味はクラシック音楽、読書とゴルフである。ゴルフは年40〜50回行く。サイトウ・キネン・フェスティバルも毎年鑑賞しているとの由。プロ野球は長野県では数少ない、近鉄バファローズのファンである。
    氏は、産業人として働き盛りを迎えている方であり、業界リーダーとしての手腕に、地域経済界から大きな期待が寄せられている。

目次に戻る