E−13 いーずら大町物産館事業協同組合〔長野県〕
■住所 〒398-0002 大町市字大町3200-1 ■設立:平成9年9月
■出資金:120万円 ■電話番号:0261-23-7511 ■FAX番号: 0261-23-7511
■組織形態:地域型組合 ■地区:大町市 ■主な事業:地場産品販売業
■組合員:25人 ■組合従業員:5人 ■専従理事:1人
■URL:http://www.alps.or.jp/iizura/

“いーずら物産館”から情報発信
観光地である地域特性を活かし、地元消費主体の地場産品業者が新天地を求め、共同販売を突破口に観光土産品市場に参入し成果 をあげつつある
 大町市は北アルプス、黒四ダムの玄関口であるほか、市内にも大町温泉郷、青木湖・木崎湖等の観光地を抱える観光都市である。この立地を生かして地元での消費が主体であった地場産品を観光消費と結びつけることにより新しい市場を開くべく有志が相寄り、「良い」を意味する地域の言葉を使った「いーずら物産館」を創設し、異業種による観光土産品の共同販売を始めた。
 店舗内は間仕切りがなく、顧客訴求を重点に商品陳列をしているため、組合員それぞれの商品が混在している。また喫茶施設を併設し地場食品も味わえるようにしているなど、外見は一般 の土産品と変わらないものの、これらレイアウト等の演出は全て事務局職員に任せたことで、店にも活気がある。また顧客の要望により、異業種の共同化ならではの異種商品のセットによる地域イメージの濃い商品も提供している。その他県の内外で市が実施する観光宣伝イベントにも積極的に参加し、「いーずら」ブランドを売り込んでいる。これらの努力が実り、販路の開拓も順調に進んでいる。

物産館全景 店舗内
物産館全景 店舗内